恋に発展するかもしれない女性

笑顔の裏の高速データ処理初対面の女性と向かい合うとき、男性はその笑顔の奥で、高速データ処理を行っています。遊び人風の男性も、まじめそうな男性も、同じように日の前の女性を門動的に分析します。じつは、この「山述データ処則」、本人の立思とはまったく関係なく、山川動的にお同行われているのです。はたして別性は、どんな「データ処理」を行っているのでしょうか?それはズパリ、”恋人候補として見るか?それとも対象外か? “のジヤツジメントです。第一軍恋が生まれる瞬間の“男の視線” ・・…・H・------「この女性とは、場合によっては恋に発展するかもしれない」「この女性は恋人として付き合うには対象外だ」というふうに、女性を一瞬にして選別しているのです。こんなことを言うと、「えっ!もしかしたら、わたしもそうやって、今まで戦力外通告を受けてきたのかしら?」と怖くなるかもしれません。でも、安心してください。この高速データ処理は、善し悪しを判断しているのではないからです。相性を総合的に判断しているのです。男性にはそれぞれ「好みのタイプ」というものがあります。「きらびやかな美しさ」を好む男性もいれば、「おとなしそうな外見」の女性を好む男性もいます。これは、「誰からも好まれる女性もいないが、同時に誰からも好まれない女性もいない」ということです。あなたも、最初は「誰かの恋人候補」として、たいていノミネ 卜されているのです。

出典:結婚相談所の比較k.net

EP076_L

恋人ができない

今、あなたの第一印象が、相手の男性の川町みに一致しています「ぁ、この 性はなかなか好印象だな」と、日の前の別性から思われています。ここからがだいじなところです。もし、あなたが今「出会い逆に忠まれない」とか「恋人ができない」とすればここから先に原因があるはずです。ここで、見性は次に、あなたのほうを「チラッ、チラツ」と瞬きをしながら見ていることに気づいていましたか?この「チラ見」の瞬間、日の前の児性は、じつは内心ドキドキしているんです。ドキドキしながら別件はいったい何をしているんでしょう?じつは、この瞬間もあなたをちゃんと観察しているのです。でもさっきの分析とはちょっと追った分析です。男性は、はじめであなたと言葉を交わすとき、この「チラ見」をしながら、「この女性は、話しやすい女性だろうか?」と観察をしているのです。これを知っている女性が、じつは驚くほど少ないんです。それはなぜでしょう?答えは簡単です。どの女性も、みんな必死に「自分をどのように美しく見せるか?」だけに集中しているからです。だから男性の視線や心境に気がつかないのです。飲み会、食事会、介コン、そしてパーティといった では、多くの 性は、自分をできるだけ「パーフェクト」に比せようとします。よく比せようとして緊張しています。しかし、この「緊張感」が、表情をこわばらせ、「ツン」としたオ ラを発し、隙のない雰囲気をつくってしまっているのです。

出典:出会いがない

EP068_L

どこまでが社交辞令

その緊張は男性にもすぐに伝染します。それを見た児性もまた、たちまち緊娠し、言葉を選んでの会話しかできなくなってしまうのです。せっかく第一印象では、男性の気持ちをつかんでいるのに:::。そして、その後の 112時間ずっと、この「パーフェクト」な円分を見せ続ける。よかれと思つてのことにもかかわらず、それは、今以ヒ列性が近寄れない「バリア」になってしまうのです。たまたま 2次会、 3次会まで盛り上がり、緊張がほぐれ、雰囲気が緩やかになったときなどはラッキーです。「最初は緊張したけど、打ち解けられたね!」と談笑できますね。でも 1次会でお聞きになったときは悲惨です。「第一印象はよかったけど、僕らと深いところまでは理解し合えない女性なのだろう。もっと話しやすい人だったらいいのに」そんな印象を男性に対して与えたまま別れてしまうのですから。 これも驚くかもしれませんが、「別性に述絡先を教えた」からといって、じつは「川会の機会は少ない」のですどうして再会しないことが多いのでしょうか?多くの男性は、食半会、パーティ、合コン、飲み会で初対而の 性と交流したあとにこんなふうに感じることが多いからです。「どこまでが社交辞令でどこまでがホンネの会ぷだったんだろう。述絡先は教えてくれたけど、これも社火砕令ではないだろうか?述給してもいいものかなあ?なれなれしいと忠われないだろうか?」

出典:【結婚相談所の選び方】1年以内の婚活

EP056_L

笑顔で盛り上がって打ち解けたのに・・・

こうして児性は「あなた」に対立をもっているにもかかわらず泣訴をかけてこないのですこの男性の余計な、そして、おっかなびっくりの気遣いこそが出会いを遠ざけていたのです。そしてせっかくの出会いの機会を、次回につなげることができずに、日々の忙しい生活に戻ります。「ああ、この週末もいい出会いがなかった」昨日の出会いを早々にあきらめ、翌週にはあなたと出会ったことすら忘れてしまうのです。そしてまた、新たに、別の出会いの場所に向かってしまうのです。品行方正、話題豊富。ちょっとお笑いの小技も効かせて、パーフェクトな自分を見せることができる大人の女性がいます。こういう女性は、どう見ても男性から大人気のはずです。でも彼女らが次のように嘆くことがなぜか多いのです。「連絡先まで教えたのに、電話のひとつもかかってこないわ:::」「あんなに笑顔で盛り上がってうち解けたのに、あれは社交辞令?」これにはどのような理由が考えられるのでしょうか? 女性が、男性に対し「パーフェクト」な自分を見せすぎると、「連絡先」を交換した男性ですら、踏みとどまらせてしまうことがあるのです。男性は本当の彼女を知ることができずに、それ以上のコミュニケーションの糸口がつかめないで困ってしまっているのです。「今日の私はパーフェクトだったわ!」じつはこんな合コンやパーティーこそ実りがないものなのです。

出典:

EP046_L

心に火がともった会話

パーフェクトなストロークを見せつけられて、男性が手も足も出ない状態になっているのです。この「大人の男女の悲しいすれ違い」は毎日さまざまな場所で繰り広げられています。この「非効率な」そして「上滑り」な状態を、打開するためにも、「男性から見て”話しやすい女性“になる」ことがだいじなのです。 容姿端麗、話題豊富、話術にも長けた向性から見て魅力的な女性に、次回のデートの誘いがないのはなぜでしょうか?それは彼女が「心に火がともった会話ができない」からにほかなりません。男性から叫んた「女性の話しやすさ」とは、じつは女性が思っているものとは少し異なるようです。引性にとってだいじなのは「その女性と心に火がともった会話がどれだけできるか?」ということです。彼氏がいかに介コンや食引会で、市出にその場を雌り仁げても、それは美人のアナウンサーがテレビ阿而の中で、バラエティ番組の司会をやっているのと同じなのです。そこに、「彼女自身のプライベートの姿」はまったく読み取ることができないのです。 知識レベルの高さ、社会経験の豊富さがうかがえる会話も土台としては必要です。でも、それ以上に必要なのが、あなた自身が五感で感じたこと、今感じていることを素直に自分の言葉で、主観で表現することなのです。そこにあなたらしさ、人間臭さの輪郭が浮き上がるのです。五感で感じたこととは、視覚:::きれいね!おもしろいわ!迫力があるわ!

参考:

EP036_L

男性の心に火をつける瞬間

聴覚:::笑える!元気がでるね、楽しいなあ、歌いたくならない?味覚:::おいしい、いっぱい食べたい!もっと飲みたい!触覚:::気持ちいい、心地いい、眠くなる嘆覚:::索敵な香りね、癒される香りだわ、南国の香りがする!などです。この「私は が好き」と言い放った瞬間こそ、じつは「あなたの感情が動く」のが見られる唯一の瞬間なのです。社交辞令の美辞麗句のコミュニケーションよりも、自分自身が何を好み、何に陶酔し、心を奪われるのか?それを「感激」に似た言葉で感情表現したときが「男性の心に火をつける瞬間」だということを覚えておきましょう。心のタガを外し、いつもよりもちょっと「感激屋さん」になってみるのです。「感激屋さん」になるにはふだんの会話の筋書きを壊すこともだいじです。会話を無機質にしてしまっていたのは、あなたのその社会経験によって身についてしまった「段取り会話」にほかなりません。だからこそ、それを崩してしまうのです。「そんなことをしたら、子供みたいに思われるのでは?」と感じるでしょう。そんな心配はご無用です。男性はあなたが何歳であっても、教養があろうとなかろうと、あなたが何に感激し、何に心を動かすのかを知りたくて、その場にいるのです。あなたが人間性を見せれば見せるほど、知性や経験の「魅力」は、輝いて見えるのです。それだけを前面に押し出していては足らないのです。 最近「女の隙」という言葉をよく耳にします。

出典元:

EP033_L

自分の「好き」を言葉に

「隙のなさすぎる女性はどんなに美しくてもモテない」こんなセオリーを多くの女性誌がこぞって紹介しています。誰にでも「よい意味」での「オンナの隙」が生まれる瞬間があるのです。それこそが「白分の ”好き ”を言葉にした瞬間」なのです。それを言い放った瞬間、顔の表情が年齢に関係なく「ひとりのオンナ」になるのです。そのような隙が男性にとって大きなポイントになるのです。Hどんなことに感動し、心を動かすのか?それはあなたれ身の「感性のプロフィール」を公開するということです。あなたの「感性のプロフィール」を にした瞬間、男性の感受性に大きな変化が表れます。あなた自’身の言葉の一つひとつが相手にとって重みを閉してゆくのです。笑顔も親しみを増してゆきます。やがて、「この女性はとっても話しやすい。もっともっと話をしたい。僕も自分のことをもっと、もっと話してみよう」と、男性の心が聞いていく。このように「話しやすい女性」になるために、ちょっとだけ「大人の自分」を忘れ、相手にどのように見られているかをも忘れ、自分の「好き」を言葉にしてみるのです彼があなたの感性のプロフィールを確認し、心の輪郭を見ることができた瞬間。そのときこそ男性が、あなたとの距離を一気に詰めてくる瞬間なのです。自分の「好き」がいつでも自然に言えるためには、自分の心の声を常に敏感に感じ取る必要があります。「いつも自分の五感が何に感激しているのか?」それを感じ続け確認し続けることが大切です。

出典:

EP023_L

恋が生まれる瞬間

これこそ、出会いの瞬間を逃さない女性になれる第一歩なのです。「恋が生まれる瞬間」それは、はたしてどこからどこまでのことなのでしょうか?それはおそらく「恋の 感」を感じた瞬間から、「胸の山鳴り」を完全にれ覚した瞬間までのことをいうのでしょうこの「恋の予感を感じる瞬間」は、唐突にやってくる場合もあれば、長い川時間をかけてやってくる場合もあります。食事会や飲み会などで、「はじめまして」の挨拶を交わし、席についた瞬間、「恋の 感」を感じる場什があります会ってほんの数秒で「恋の 感」を感じてしまうパターンです。別性が揃いていた照想の 性像と、あなたの外日んや徒同討が仙然.致したのですその逆に、出会って何年も経ってから「恋の予感」をあらためて感じることだってあります。その対象は、普段仕事で毎日会っている女性だったり、「恋愛対象」の女性として意識したことのない、ただの友人だったりします。会社の行事などがきっかけで、はじめてプライベートで食事をしたときに、仕事中とは違う笑顔の彼女にときめく、なんてこともあります。「今まで気がつかなかったけど、女性としてかなり魅力的だ」とか、それまでは「 1年間、彼女の魅力に気がつかなかった」なんてことだってあるのです。1年間どころか、私などは 3年間気がつかなかったことだってあるのです。告白できない男たち lhv也いつやってくるかわからない「恋の予感」||。

出典:

EP025_L

女性に告白できない男

自分で、そう感じようと思ったわけでもなく、誰かに命令されたわけでもなく、その女性を見ているうちに自然に、どこからかやってくる不思議な「予感」。 この瞬間の「男ゴコロ」をくみ取ることができる女性は本当に少ないものです。そんなことを言うと、最近の女性は鈍感になってきているように感じるでしょう。ところが実際は、女性側の問題というより、男性側に問題があるのです。時代は移り変わったもので、最近「告白できない男性」が増えています。おそらく、毎日仕事漬けになっているうちに自分の素直な気持ちを表現できなくなっているのでしょう。毎日電話をかけできたり、デートに何度も誘ったりするくせに「好きだ」「付き合ってほしい」というそのひと言が言えない男性がすごく増えているのです。それどころか、デ トに誘っただけで、すっかり気持ちを伝えたつもりになり、「オレの気持ちを全然わかってくれない」と、告白もせずに愚痴る男性だっています。「最近、本気で好きになった女性に告白できない男って多いよ」この現状を話すたびに大勢の女性に一刀両断されてしまいます。「そんなの言ってくれないとわかるわけがないじゃない」確かにそのとおりです。しかし、ここは大人の女性として百歩譲って、このケナゲな男ゴコロの存在を認 第一 .恋が生まれる瞬間の“男の視線”・…めてあげてはいかがでしょうか?それを認めることによって、あなたにとっても運命の恋との出会いの可能性もグンとアップするのです。

出典元:

EP008_L

恋の予感

しょうがないなあと思いつつもちょっとだけ寛容になってあげてください。 男性は「恋の予感」を感じはじめた瞬間、ある行動をとります。突然屯話をかけできたり、グループで会うミニイベントに何度も誘つできたり、プレゼントをくれたりと、ボクシングで一言う軽いジャブを打ってきます。この間、彼の心の中には、「彼女に、恋してもいいのかな 7」という期待と不安が渦巻いています。このサインに女性が気がつくことはなかなか難しいことのようです。そこで、この「男が恋の予感を感じている瞬間」をだいじにあたためて、本当の恋に育てるためのひとつの結論を教えましょう。今芽が山ょうとしている恋を枯れさせない↑刀法です。それはズパリ、「友だち以上恋人未満、もしくは友だちとして、できるだけ多くの接点を持ってみる」ということです。もちろん「友だちとしても気が進まない」「生理的にイヤ」な男性であれば無理する必要はありません。あくまで「第一印象が合格点」の男性が対象です。電話がきたらコ lルパックする。メールが来たら返答する。誘われたら行ってみる。そんなふうに心をいつもよりもセミオープンな状態にしておくことがじつは、もっともだいじでもっとも単純な方法なのです。なぜそんなことをオススメするかというと、じつは多くの女性が「白馬の王子」と「それ以外」をあまりにも早く判断してしまっているからです。食事会に行っても、パーティに行っても、合コンに行っても、趣味の集まりに行っても、「あ、ここには白馬の王子はいない:::」と判断すると、すぐにその人たちとの縁を切ってしまう女性が多いものです。

参考:

EP006_L