おっかなびっくりの恋

だいじなのは「あなた自信の本来のフアイティングポーズを思い出す」ことです。おっかなびっくりの恋はもうやめて、あなたらしいリズムでもう一度自由に描いてみましょう。 以前、女性からこんな相談をされたことがあります。その女性はついさつき、男性から振られたばかりのようでした。女性「もうイヤ!恋はしばらくしない 1」筆者「どうして?」女性「私なんて必をする資絡なんてないのよね。ホント、私みたいなのが、恋愛偏差値が低いオンナっていうのよ」筆者「何があってそんなふうに思うの?」女性「これはあなただから言うけど。今回の失恋、アタシいったい何回目だと思う?回述続で顕られてるのよ!日回よ 1そんなヤパイ女いまどきいる?」 筆者「その相手の男性は、みんな彼氏だったの?」女性「それは、まちまちよ。ちなみに”今日の“は、まだ付き合ってたというわけじゃないの。いい感じになかよくなって、こっちから”付き合わない?“って言ったわけよ。そしたら振られた!」筆者「そうなんだ。じゃあ、そのほかのは?残りの 9個のほう」女性「その前の人は、 1カ月前。付き合ってすぐ遠距離恋愛になって、しばらく連絡がないな、と思ったら、いきなり”別れよう“だって。その前は、彼氏とか彼女とかはっきりしていなかったんだけど、ふたりで何度か旅行に行った相手にじつは本命の彼女がいた:::、とかそんな感じ。ホントで女“寅さん』って感じよ。毎回、浮かれているのはアタシだけ」たしかに、そうやって羅列されると恋愛運に見放された女性という印象を受けてしまいます。

DN147_L