どこまでが社交辞令

その緊張は男性にもすぐに伝染します。それを見た児性もまた、たちまち緊娠し、言葉を選んでの会話しかできなくなってしまうのです。せっかく第一印象では、男性の気持ちをつかんでいるのに:::。そして、その後の 112時間ずっと、この「パーフェクト」な円分を見せ続ける。よかれと思つてのことにもかかわらず、それは、今以ヒ列性が近寄れない「バリア」になってしまうのです。たまたま 2次会、 3次会まで盛り上がり、緊張がほぐれ、雰囲気が緩やかになったときなどはラッキーです。「最初は緊張したけど、打ち解けられたね!」と談笑できますね。でも 1次会でお聞きになったときは悲惨です。「第一印象はよかったけど、僕らと深いところまでは理解し合えない女性なのだろう。もっと話しやすい人だったらいいのに」そんな印象を男性に対して与えたまま別れてしまうのですから。 これも驚くかもしれませんが、「別性に述絡先を教えた」からといって、じつは「川会の機会は少ない」のですどうして再会しないことが多いのでしょうか?多くの男性は、食半会、パーティ、合コン、飲み会で初対而の 性と交流したあとにこんなふうに感じることが多いからです。「どこまでが社交辞令でどこまでがホンネの会ぷだったんだろう。述絡先は教えてくれたけど、これも社火砕令ではないだろうか?述給してもいいものかなあ?なれなれしいと忠われないだろうか?」

出典:結婚相談所 徹底比較

EP056_L