彼女の好みと僕の好み

「彼女の好みは僕の好みと合うのだろうか?そして彼女といっしょに過ごして、本当に僕は幸せだろうか?楽しいだろうか?」というチェックをシビアにしているのです。そのチェック時期に「頻繁にデ lトに誘う」「夜中に電話がかかってくる」というアクションが見られるのです。ここであなたが彼のことを受け入れる気持ちがあって、付き合ってもいいと感じるのであれば、彼のその想像を止めるようなことはしてはいけません。なるべくいっしょになって想像してあげることです。でも、全部が全部、彼が書いたシナリオに合わせる必要はありません。そんなこ とをしていてはあなた門身がだんだん紡刷になってきてしまうから。そうならないためにも、彼の近未来の夢に「あなたの夢」もかぶせて、どんどん便乗発展させていってあげてほしいのです。これから起こることに「ふたりでわくわく」できると確信したときこそ、彼のあなたを思う気持ちは確信へと変わってゆきます。さらに、ふたりの未来予想図がはっきり見えたとき、彼は今のあなただけでなく「未来のあなた」にも恋をしてくれるのです。 デート中や 2人きりのとき、まだ恋がはじまっていないころにこんなふうに感じたことはありませんか?「なんとなく緊張感が消えなくてギクシャクしてしまう。もっと楽しげなコミュニケlションをしたいけど、私は性格的に”遊び“がないから手も足も出ない」こんなときこそ、ソフトな”いじり“と”突っ込み“を繰り広げてみるのです。

DN079_L