心に火がともった会話

パーフェクトなストロークを見せつけられて、男性が手も足も出ない状態になっているのです。この「大人の男女の悲しいすれ違い」は毎日さまざまな場所で繰り広げられています。この「非効率な」そして「上滑り」な状態を、打開するためにも、「男性から見て”話しやすい女性“になる」ことがだいじなのです。 容姿端麗、話題豊富、話術にも長けた向性から見て魅力的な女性に、次回のデートの誘いがないのはなぜでしょうか?それは彼女が「心に火がともった会話ができない」からにほかなりません。男性から叫んた「女性の話しやすさ」とは、じつは女性が思っているものとは少し異なるようです。引性にとってだいじなのは「その女性と心に火がともった会話がどれだけできるか?」ということです。彼氏がいかに介コンや食引会で、市出にその場を雌り仁げても、それは美人のアナウンサーがテレビ阿而の中で、バラエティ番組の司会をやっているのと同じなのです。そこに、「彼女自身のプライベートの姿」はまったく読み取ることができないのです。 知識レベルの高さ、社会経験の豊富さがうかがえる会話も土台としては必要です。でも、それ以上に必要なのが、あなた自身が五感で感じたこと、今感じていることを素直に自分の言葉で、主観で表現することなのです。そこにあなたらしさ、人間臭さの輪郭が浮き上がるのです。五感で感じたこととは、視覚:::きれいね!おもしろいわ!迫力があるわ!

参考:

EP036_L