恋における過去のトラウマ

また実際に自分は経験していなくとも”魔性の女性“にはまって、トラブルに巻き込まれた友人の騒動などは見聞きしているものです。だからこそ「もう恋愛に関して無意味な駆引きをしたくない」と心の底から思っているのです。恋愛経験が豊富な男性ほど”かけひきなし“の正直な、直球の恋愛を安心して楽し みたいと望んでいるのです。実際にあなたに、ほかに好きな男性がいなくても、気になる人がいても、彼を第一候補としてちゃんと考えていたとしても:::。きっぱりと誠実に、そしておおげさなぐらいに「言葉」をもってその事実を説明してあげないと男性というものは、完全には安心しません。”あなたが今、自分との恋に向かって、一歩一歩その階段を上ってきている“という確信を持たせてあげることがだいじなのです。 恋における”過去のトラウマ ”とは、はたしてどのようなものなのでしょうっ-それは何も「痛い経験をした!」ということだけにとどまりません。逆に「恋愛経験がほとんどない」ということ日体がトラウマになってしまうことだってあります「何も恋愛経験がなく、過去が点つ・円である」ということですみんなが恋愛話で雌り上がっているのに、恋の悩みを相談しあっているのに、または、初恋の話で懐かしがっているのに、「円分には話れるようなドラマがひとつもない::・」という心境です。あるいは、「付き合っていた人にフラれた」とか「長年付き什った人と別れた」といった友人の恋愛に附する映き円体がうらやましく感じられることだってあります。

DN185_L