恋の予感

しょうがないなあと思いつつもちょっとだけ寛容になってあげてください。 男性は「恋の予感」を感じはじめた瞬間、ある行動をとります。突然屯話をかけできたり、グループで会うミニイベントに何度も誘つできたり、プレゼントをくれたりと、ボクシングで一言う軽いジャブを打ってきます。この間、彼の心の中には、「彼女に、恋してもいいのかな 7」という期待と不安が渦巻いています。このサインに女性が気がつくことはなかなか難しいことのようです。そこで、この「男が恋の予感を感じている瞬間」をだいじにあたためて、本当の恋に育てるためのひとつの結論を教えましょう。今芽が山ょうとしている恋を枯れさせない↑刀法です。それはズパリ、「友だち以上恋人未満、もしくは友だちとして、できるだけ多くの接点を持ってみる」ということです。もちろん「友だちとしても気が進まない」「生理的にイヤ」な男性であれば無理する必要はありません。あくまで「第一印象が合格点」の男性が対象です。電話がきたらコ lルパックする。メールが来たら返答する。誘われたら行ってみる。そんなふうに心をいつもよりもセミオープンな状態にしておくことがじつは、もっともだいじでもっとも単純な方法なのです。なぜそんなことをオススメするかというと、じつは多くの女性が「白馬の王子」と「それ以外」をあまりにも早く判断してしまっているからです。食事会に行っても、パーティに行っても、合コンに行っても、趣味の集まりに行っても、「あ、ここには白馬の王子はいない:::」と判断すると、すぐにその人たちとの縁を切ってしまう女性が多いものです。

参考:

EP006_L