恋の分散

またそれを待ち望んでいたり、自分から仕掛けたりと「チャンス」を狙っているのです。そして「口説かれる」ことを本気で楽しみます。よく、彼氏ができても「男友だちもだいじにする」といったタイプの女性がいますが、彼女らともまた違ったタイプの女性です。単純に「男友だちが多い」という女性は、たとえいっしょに寝泊まりしても、絶対に間違いを起こしません。凍とした態度を貫くものです。でも彼女らは違います。彼女らはたとえ彼氏がいても、簡単に手を握られたり、肩を組まれたり、口説かれたりといった隙を、四方八方に提供し続けます。そして自らもそれを必要とし、心から楽しんでいるのです。では彼女のようなタイプの女性は、本命の彼氏には本気で恋をしていないのでしょうか?答えはノ!です。じつは、本命の彼に「振りまわされるぐらい」に惚れていることが多いのです。ではなぜ、そんな「恋の分散」を行うのでしょうか?それは、彼からの「愛」の供給に満足できず、不満を感じているからです。「私は彼のことがこんなに好きなのに!」と、乾いた心を潤してくれる男性を本命の彼以外に求めているのです。彼女はなぜそんなに「多くの愛を必要としてしまう」のでしょうか?それは過去に「だいじな相手を失った大きな孤独感や寂しさ」を体験し、誰かを好きになっても、絶えずそれを失うことばかり考えてしまうようになったという経緯が あります。しかも、それが、一度や二度ではなく何度も繰り返され、「自分は捨てられる」という思考回路が完全に染みついてしまっていることが多いのです。

DN161_L