恋の終わり

そこに挑むことこそが、過去のトラウマと決別し、嫌いな自分を忘れ、新しい自分を積み上げてゆくこと、自分を愛することにつながるのです。 さて、あなたは、向分が今まで何度失恋したか思い山すことはできますか?たその一つひとつがどんなはじまりで、どうして終わったかを思い山すことはできるでしょうか?人は誰でも、それを望まない場合ですらも「恋の終わり」を何度か体験してしまうものです。一生懸命恋を探し、互いの心の触れ合いを、だいじにだいじにあたため、互いを型解しあい、思い出を重ねる。そして何年かの月 が流れる。そして訪れる「別れ」失恋や別れの同後、人は誰でも一度は次のように、恋が終わった立味を定義づけようとします。「今回の恋で自分のいたらなかったところを、次の恋に前かそう!もっともっとイイ恋をこの次にするための教訓だったのね」そして、どうして自分が嫌われたのか?どうして相手と理解しあえなくなったのか?その原因を真剣に考えすぎてしまうものです。「恋のひとり反省会」です。では、どんな恋の終わり方をしてもこの「ひとり反省会」は聞かれるのでしょうか?その答えは「いいえ」です。自分が相手に対しての気持ちを残したまま別れたときしか聞かれません。思い返してみてください。自分から振ったときのことなどは、あまり覚えていませんよね?振られたときしか反省はしないのです。この反省のなかで、いくつかの「教訓」を自分の胸に刻みながら、「自分はこれでまたひとつ成長した。こうやってまたひとつ大人の恋愛ができるようになるのよ」と錯覚します。

DN171_L