恋を楽しむ

H第二章“痛い過去”を洗い涜し、勇気ある一容を踏み出そう!・本人は、付き合うとか、別れる前の、ずっとずっと手前のところで右往左往と悩んでいるのですから。このように、過去の恋愛体験がまったくない、または極端に少ない女性の場合、相手の男性の存在を必要以上に大きく、脅威に感じてしまうこともあります。また、その一方、自分を過小評価してしまうのです。そしてしょっちゅう、その男性の顔色をうかがい、男性の顔色ひとつで、急にドギマギしてしまったりするものです。デリケートになるあまり、本当の自分を隠そうとするのです。でもこれでは、恋を楽しむどころではありません。彼から見ても、彼女の行動は不可解で、不自然なのがあからさまにわかります。じつは、これからお話しするタイプの女性はたくさんいます。あなたの周囲を見まわしても、かならずひとりやふたりは当てはまる女性がいるのではないでしょうか? それは「つねに複数の男性に恋をしていないと安心できない女性」です。この場合、もともと複数じゃないと「安心できない女性」だったわけではなく、そのような女性になってしまったと言ったほうが正しいかもしれません。l彼女たちはいったいどのような女性たちなのでしょうか?まず、ひとりの男性を深く信じ、安定した穏和な感情を持続することができないという特徴があります。本命の恋人がいたとしても、つねに自分に興味をもってくれる男性の好意を自分がフリ のときとなんら変わりなく受け入れ続けます。

DN191_L