本命の彼女

これによって、どんなに話題がない人同士でも、盛り上がりに欠ける組み合わせでも、「まるで子供同士がじゃれあうように、プライドなんて忘れてコミュニケーションができる」のです。やがて彼も、「ああ、彼女は僕との会話を含めてこの時間を心から楽しんでくれている。こんなに無邪気な隙を見せてくれている!」と心の底から安心し、そして自信をみなぎらせるのです。 これからお話しすることは、あくまで相手の男性があなたを「本命の彼女にしたい!」と考えている場合にのみ布効です。たとえば、あなたに対し、体だけの関係を求めていたり、確かに恋心はあったとしても、 2番 以降の女性として考えていた場合は、ケースが典なります。もし、あなたのことをこれから「本命の彼 にしよう!」と彼が与えていたならば、あなたの「心」を奪うことに別性は必死になります。彼は今、あなたの気持ちが自分に向いているのかどうかがいちばん気になっています。手をつないだり、キスしたり:::というのはじつは二の次なのです。例外として、奪うようにポを急ぐ男性も確かに存布します。でもたいていは、気持ちをだいじにだいじに、それを第一優先で事を進めます。このときの男性には、口分とあなたとの問に大きな大きな壁が見えています。それもふたつの大きな壁が順番にそびえ立っているのです。その壁の先に「あなた」の存在が見えるのです。このハードルは無色透明で、女性からはその存在は確認できません。

DN082_L