自分の「好き」を言葉に

「隙のなさすぎる女性はどんなに美しくてもモテない」こんなセオリーを多くの女性誌がこぞって紹介しています。誰にでも「よい意味」での「オンナの隙」が生まれる瞬間があるのです。それこそが「白分の ”好き ”を言葉にした瞬間」なのです。それを言い放った瞬間、顔の表情が年齢に関係なく「ひとりのオンナ」になるのです。そのような隙が男性にとって大きなポイントになるのです。Hどんなことに感動し、心を動かすのか?それはあなたれ身の「感性のプロフィール」を公開するということです。あなたの「感性のプロフィール」を にした瞬間、男性の感受性に大きな変化が表れます。あなた自’身の言葉の一つひとつが相手にとって重みを閉してゆくのです。笑顔も親しみを増してゆきます。やがて、「この女性はとっても話しやすい。もっともっと話をしたい。僕も自分のことをもっと、もっと話してみよう」と、男性の心が聞いていく。このように「話しやすい女性」になるために、ちょっとだけ「大人の自分」を忘れ、相手にどのように見られているかをも忘れ、自分の「好き」を言葉にしてみるのです彼があなたの感性のプロフィールを確認し、心の輪郭を見ることができた瞬間。そのときこそ男性が、あなたとの距離を一気に詰めてくる瞬間なのです。自分の「好き」がいつでも自然に言えるためには、自分の心の声を常に敏感に感じ取る必要があります。「いつも自分の五感が何に感激しているのか?」それを感じ続け確認し続けることが大切です。

出典:

EP023_L